このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

住みたくなる賃貸物件いろいろ♪〜間取りが素敵!外観が素敵!立地が素敵!〜

日本中に数多く存在する賃貸マンション、色々なマンションがありますが、中でも変わった構造を持つマンションを紹介します。

変わった賃貸マンションに関するリサーチ

本日は、日本中に数多く存在する賃貸マンションのうち、変わったマンションを紹介します。
ぶっちゃけ「賃貸マンションって言う存在は、全て似た様な存在」と思っている人が多い様な気がしますが、実際のマンションの中には、変わったマンションも数多く存在している様です。
変わったマンションとして、まず、真っ先に挙げられるのが、2〜3室、部屋を設置するだけの面積を持っているにも関わらず、非常に面積が広い部屋が1室だけ存在しているマンションです。
筆者は、この様な物件を「単室型住居」と名付けます。
一言に単室型住居と言っても、大きく別けて4種類のパターンが存在します。
まず、最も可能性が高いパターンが、最初からその様な用途を目的として作られたパターンです。
具体的に言えば、最初、賃貸オフィスとして貸す予定でしたが、何らかの事情によって、賃貸マンションとして貸し出す様に変わってしまったパターンが挙げられますね。
2つ目、マンションの構造上、簡単に壁の位置を変えられる仕組みを持っており、お客様が自ら壁を設置するパターンが挙げられます。
3つ目、元々2DK、3DKのマンションとして貸す予定でしたが、何らかの事情によって、部屋と部屋をわける壁を撤去してしまったパターンが挙げられます。
最後、数は少ないですが、初めから単室型住居として貸し出す物件も少数ながら存在している様です。
だだっ広い部屋が1室だけのマンションに関しては、その構造上、インテリア的に洋室が大半を占めますが、中には、フローリング15畳以上の単室の片隅に3畳ぐらいの畳が敷かれているマンションも存在する様です。
また、畳の単室型物件の中には、和室20畳と言う、住居と言うよりも、むしろ寺社仏閣、居城と言った方が合っている物件も存在している様です。
何れにしろ、この様な単室型物件の中には、居住に不向きな構造、具体的には、風呂場まで外してしまってシャワールームしか存在しない物件の他、1室を玄関ホールに改築してしまった物件も存在する様です。
その他、居住面積の割にバルコニーが広すぎるマンション、長い廊下によって2つにわけられているマンション、非常に狭く生活するには不向きなマンション等、数え上げればキリがありません。
ヘンテコな物件の中には、あまり特徴がありすぎて借り手がおらず、非常にリーズナブルな賃貸物件も数多く存在する様です。
次ページより、この様な変わった構造を持つマンション(一戸建てを含む)を紹介します。

注目の賃貸物件のハナシは、このサイトがおすすめですよ!

Copyright (C)2014住みたくなる賃貸物件いろいろ♪〜間取りが素敵!外観が素敵!立地が素敵!〜.All rights reserved.